自動車修理、鈑金、塗装、車検、点検、自動車リースまで取扱い。輸入車や旧車の実績が安心と技術力の証です。

吉田自工
電話

お問い合わせ採用情報

自動車修理、鈑金、塗装、車検、点検、自動車リースまで
吉田自工
お問い合わせ 採用情報

電話
ホーム任せて安心の理由個人のお客様法人のお客様会社紹介アクセスマップ整備工人材紹介
任せて安心の理由
ホーム > 任せて安心の理由
タブタブタブタブ
タブタブタブタブ

整備業界への問題意識

安かろう悪かろうの車検に渇!
  • 吉田自工は、地域を代表する整備工場として、病院での救急医療に当たるJAF救援車両の受け入れを行っておりますが、残念ながら車検をしたばかりのクルマが運ばれてくることも多くあります。そこから見えてくるのは、商売優先の車検整備や「安かろう悪かろう」という姿です。
    平成19年から平成27年までの統計結果では下記のようなことが見えてきます。
  • ●故障でJAFを呼び弊社に救援された車のうち54%が車検から1年経過していませんでした。
  • ●残念ながら「車検を通すだけ」の整備になっており、安く済ませたつもりが逆に過大な修理費がかかってしまう結果となっています。
「意識」と「能力」の低い業者にはご用心!
  • お客様の整備記録およびヒアリング結果によると、前回の車検場所で多いのは、ユーザー車検(26%)、カーショップ(23%)、ガソリンスタンド(22%)となっており、実際に故障車を点検すると、ユーザー車検(代行)でほとんど整備していないケースが多く、中にはお客様がユーザー車検と気が付いていないケースもありました。また、運輸支局の検査場(習志野、千葉、足立等)に車を持ち込む車検では、分解整備の痕跡が発見できないケースも見受けられました。しっかり点検整備をしていれば兆候が確認でき、事前に対処可能なトラブルであるスターターモーター、ブレーキ引きずり、オーバーヒートや点火系のトラブルを見落としているケースも散見され、手抜きもしくは意識と能力の低さから、点検整備を省き、習志野等の運輸支局での検査のみで納車していると推測される車もあります。
    しかし、元々は我々整備業界として、車検の意義や意味を説明せず、「車検さえ通っていればOK」という認識をユーザーに浸透させてしまった責任があると考えます。こうなった以上、必要な点検整備と故障修理の原因と必要な処置を、丁寧そして地道に説明する他はありません。
グラフ
グラフ

(調査期間)
平成19年4月~平成27年3月
(調査対象)
吉田自工へJAFからの救援入庫車両
(調査総数)
384件

お客様にお役に立てる整備工場とは?
このような業界の現状を鑑み、お客さまのお役に立てる整備工場とはどんな工場か、この問いに真摯に向き合い、故障と事故というお客様が最も困る時に味方になり、嘘偽りのない対処方針について論理性を持って説明できる、そんな工場でありたい、と弊社は以下の強みを磨いてきました。
強み強み強み強み強み
強み強み強み強み強み
強みタイトル
「弊社は技術に自信があります」どの整備工場も必ず言います。しかし、技術とはなんでしょう?車検整備が早くできることでしょうか、最新の設備を保有していることでしょうか?
吉田自工では整備技術の根幹を「故障と事故修理」にあると捉えています。車検整備においても、故障の兆候を発見する必要があり、故障と事故修理には整備技術の全てが含まれています。整備技術の全てとは下記の4点だと考えています。
(1)情報収集
  • 車種、構造、故障整備履歴、破損状況、お客様の体感、目視状態、診断機のログ等
(2)診断・分析
  • 論理的な故障要因と部位を検討する
(3)対処
  • 故障部位に対して、部品交換、調整、修復などの処置を施す
(4)観察
  • 目視、診断機等で症状が改善したかどうか確認する
この(1)~(4)を早く、正確に行うことを「技術力が高い」と定義しています。吉田自工ではこの整備技術を高めるために、エンジン交換などの重整備を含む年間3,000件を超える多くの故障事例引き受け、またそれらのカルテを整理するだけでなく、車種ごとの構造の理解を進めることで、技術力の向上につなげています。さらに、電気基礎技術とシャシーへの理解を進めるために、EV(電気自動車)を制作し、レースへ向けて頑張っています。
強み
強み
ページの先頭へ
お客様の声
実例紹介

電話
お問い合わせ
お問い合わせはこちら
電話
お問い合わせフォーム
お問い合わせ
個人のお客様
車検・点検
故障修理
鈑金・塗装
パパとママの車検選び
法人のお客様
車検・点検
故障対応
カーリース
車輌製作・改造
損しない車検選び
任せて安心の理由
ニコニコレンタカー
あいおいニッセイ同和損保
損保ジャパン
facebook